サービス案内Service

法人のお客様

M&A支援・事業承継

M&Aというのは「Mergers(合併)and Acquisitions(買収)」の略語です。中小企業においてもM&A市場が活発化しています。M&Aは従業員への事業承継手法としても幅広く利用されるようになりました。
当事務所のM&Aに対する基本的考え方は「従業員の雇用の維持」です。M&Aの場合、新オーナーには対象会社の文化に対するある種の寛容さが求められます。売る側にしろ、買う側にしろ、社員を大切にする考え方なしで成り立ちません。中小企業の場合特にそうですが、M&Aというのは結局のところ、人を手に入れるということになります。
また、中小企業の場合、自社の本当の価値を知らないことも少なくありません。社長同士が親しくお互いにわかり合った間でのM&Aであればそれほど問題はありませんが、例えば、仲介業者を利用するような場合には、かなり安売りしてしまう場合があります。会社の値段はあってないようなものなので、少しの交渉で1億円ぐらいの幅で動くことは珍しくはありません。
当事務所ではM&Aの専門家と連携しつつ、問題に対応しています。